友人に好評のタダライズ!シアリスのジェネリックはこれで決まり

EDの原因と治療

性的衝動あるいは欲望、または刺激や興奮を感じ取った際に陰茎を膨張させ硬くする為に必要な血液を集める事が出来なくなってしまう勃起不全とは、血管や神経が傷ついて損傷してしまうことや循環器系あるいは神経系の病気を患う事により性的情報を正確に陰茎に伝えられなくなる事が原因となり一定量の血液を陰茎に集中させる事が出来なくなり起こる症状と考えられ、不十分な勃起しか出来なくなる事で劣等感が生まれたり、心的な外傷となる事もあり症状の進行を加速させ悪化させてしまう事も有り得る男性の方特有の病気です。
いかなる原因である場合でも用いられるのはED治療薬であり、治療の第一選択となりますが万人に効果を発揮するものではなく症状が重度の際には効果を発揮しない事もあり治療を困難にしてしまうケースもあります。
ED治療薬は1999年から製造販売が始まり、2016年現在では3種類の薬が誕生しておりそれぞれ異なる成分を有しているのの血管を拡張する作用に変化はなく、勃起を抑制する物質PDE5が性的な信号を受け取った陰茎内で分泌されるサイクリックGMPという血管拡張の物質を分解してしまう事を防ぐ事で一定量の血液を陰茎に集中させ硬く膨張させる事が出来るようにする作用を持ちます。
違いは作用時間や効果発現までにかかる時間であり、5時間程の短時間作用のものから36時間も作用するものもあり、効き始めが早いもので15分程度のものもあり、状況や用途により使い分け出来る様にもなっています。
しかし、こういったED治療薬に効果が感じられない男性の方は勃起する事を諦めなければならないのかと言うとそうではなく、非常に高額な方法ではありますが、専門的なクリニックではICI療法という陰茎に医師が調合した薬剤を注射器で陰茎に直接投与する事で勃起させる事ができ有効性は80%以上とも言われ、薬と異なる点は性的な刺激や興奮が無くても勃起させる事ができ、持続時間は3時間ほどで効果持続中は射精しても不応期にならないため早漏の方にも効果的な方法となります。
弱点として興奮などしていない状態での勃起となるので感度の下がる事がありますが、勃起不全を改善し欲求を満たす為に必要な代償と考えるのであれば払うべき代償と言えるかもしれません。